コンフィズリーとは

コンフィズリーとはフランス語で”砂糖菓子”。
フランスには、個性豊かなコンフィズリーが数多くあります。
伝統を受け継ぎつつも新しい砂糖菓子の世界をご紹介します。

「メゾン・ド・コンフィズリー」

こだわりのコンフィズリーを揃えたお店をイメージしたブランド。
2015年秋に、新装リニューアル!
カラフルでわくわくする砂糖菓子の世界をお楽しみください。

メゾン・ド・コンフィズリーは、「創造的に作り、創造的に食べる」ための
フードマガジン「料理通信」の協力により開発しています。

料理通信のホームページはこちら

発売中

  • No.35 フルーツ4種のごほうびコレクション
  • No.38 白桃コンポート 生クリームを添えて

過去商品

ARCHIVE

開発物語:KANRO×料理通信

※2010年発売当初の掲載記事です。現在の商品構成とは異なります。

1話 メゾン・ド・コンフィズリー

日本の飴VS フランスの飴 「カンロ飴」、もちろんご存知ですよね?半世紀以上にわたって愛されてきたロングセラーです。戦後、アメリカから入ってきたフルーツ...

2話 3種類のベリー、とろけるキャラメル

パティスリーで赤やオレンジ色のキャラメルを発見すると、色みの美しさもさることながら、「何味かしら?」とわくわくします。フランボワーズ、パッションフルーツ...

3話 華やぐアールグレイのキャンディ

「紅茶」と聞くと、英国をイメージしがちですが、フランスの紅茶文化も負けず劣らず歴史と伝統があることは...

4話 爽やか、塩ライムミントキャンディ

フランス人の食生活の中で、塩は私たちが考える以上に大きな役割を担っています。日本のように醤油や味噌といった調味料をもたない分...

料理通信のホームページはこちら