基本方針・推進体制

基本方針

カンロの成長を支えるのは、社員一人ひとりの成長と仕事への誇りです。多様な社員が活きいきと活躍できるように個性を尊重し、安全で働きがいのある職場を実現します。

社会課題の認識

創業から100年を超える歴史を持つカンロが、次の100年に向けてさらに成長していくためには、既存の考え方にとらわれず、新しい視点を持ち、変化を恐れず挑戦していくことのできる多様な人材が必要です。
カンロは、社員一人ひとりが能力を最大限に発揮し、働くことの喜びを実感できる職場づくりを目指します。社員の意識改革から、職場ごとの課題への対応などコミュニケーションを深めながら、様々な施策を実行していきます。

マテリアリティ

  • ダイバーシティと機会均等
  • 働きがいのある人間らしい仕事の推進(労働安全)
  • 研修と教育

KPI

  • 2021年までに男性の育児休業取得者比率を13%以上
  • 2021年までに女性管理職(課長級以上)比率を8%以上
  • 2020年までに「子ども参観日」の実施(次世代育成支援)

関連するSDGs

貧困をなくそう 質の高い教育をみんなに ジェンダー平等を実現しよう 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう

ダイバーシティ推進体制

ダイバーシティ推進の一環として、2018年2月に「ダイバーシティ委員会」を発足し、本社・R&Dセンター・支店・工場から選出した分科会メンバーを通してボトムアップの施策を検討しました。その施策を具体的に進めるために2018年7月に「ダイバーシティ推進室」を設置し、各部署より選ばれたダイバーシティ推進リーダーと共に全社的な推進を担う推進部局として活動しています。

  • ダイバーシティ
    委員会
  • 本社
    オフィス
  • 工場
  • R&D
    センター
  • 支店
  • ダイバーシティ
    推進室
  • 各推進リーダー

ダイバーシティ組織図

ページトップに戻る