糖と健康

Category

腸内細菌と糖との切っても切れない関係とは?!


近年、腸内細菌への注目がさらに増してきています。「腸は第二の脳」とか、「腸内免疫」などの言葉もテレビや週刊誌などでもよく目にすると思います。腸を健康にすることで体全体の健康を維持しようとする「腸活」もブームとなっています。ヨーグルトなどのいわゆる発酵食品も腸活に有用なものとして老若男女問わずに大人気となっています。腸内細菌と糖とは実はとても関係が深いのです。今回は腸内細菌と糖に関して紹介したいと思います。

腸内細菌ってそもそもどのくらいいるの??

我々の体内には膨大な数の微生物が住んでいます。つまりは共存している訳です。細菌が大部分ですが、その他にもウイルス、真菌(いわゆるカビ)、人によっては原虫や寄生虫などと多岐に渡ります。近年清潔な環境が整うようになってからは寄生虫や原虫はあまりみかけなくなりましたが、ストレスで免疫が下がると普段は何もしないヘルペスウイルスが暴走し帯状疱疹ができたり、衛生状態が悪化すると真菌が暴走し水虫が悪化したりします。このように微生物と程よいバランス関係を保ちながら我々は生活しています。細菌が大部分と言いましたが、特に腸内細菌として腸内にたくさん生息しています。体全体で見るとおよそ100兆個、重さで表すと1~2kgとなり、そのうちの約9割が消化管におり、腸内細菌と呼ばれているのです。よくよく考えてみると、我々の体を形成する細胞数はおよそ60兆個と言われているので、それを上回る細菌が腸内には住んでいると考えると、人間が高度な営みを行えるのは腸内細菌のおかげではないかと予想できますし、実際にそうであることがこれまでの研究で色々と明らかになってきています。

 

腸内細菌の種類と役割とは??

腸内細菌はその役割から、①善玉菌、②悪玉菌、③日和見菌の大きく三つに分けられます。①は消化吸収の補助、ビタミン合成、免疫活性化などに関わるもので健康に良い影響を与えると考えられているもので、代表的なものとしてはビフィズス菌や乳酸菌などです。ビタミンの多くは腸内細菌が合成してくれるため、毎日一生懸命に取らなくても大丈夫なのです。②は腸内腐敗やガス発生だけにとどまらず、さらには発がん性物質を産生したりと、①とは反対に身体に悪影響を及ぼすと考えられているもので、代表的なものにはブドウ球菌や大腸菌(有毒株)になります。おならがくさい方はこの悪玉菌が優位になっている可能性があるので今一度食生活を見直すなどが必要になってきます。③は変り種で、健康な状態だと何も影響しませんが、免疫が下がったりして体が弱ってくると腸内で悪さをするもので、代表的なものに連鎖球菌や大腸菌(無毒株)があります。。
 

腸内細菌は年齢によって変化する??

腸内細菌は一定ではなく、年齢によって変化することがわかっています。母体内では無菌であった胎児が生まれてから母乳を飲むようになってビフィズス菌が増殖し始めることで腸内細菌が根付き始めます。赤ちゃんのころの便が少し酸っぱい匂いがするのはビフィズス菌優位の腸内環境だからです。離乳食を食べ始めると、成人の腸内細菌環境へと近づいていきます。成人ではビフィズス菌は全体の10~20%となります。年齢を重ねるに従いビフィズス菌が減少し、悪玉菌が徐々に増えていくようになります。日々腸内細菌は変化するため、成人になっても善玉菌優位の環境を作ることができれば、腸内細菌を利用して健康を維持できることになります。つまり①②③がうまくバランスを保って健康が維持されているのです。腸内細菌の全容は完全には解明されていないので、今後の研究成果が待たれるところです。

 

腸内細菌を上手に利用するためには??


善玉菌優位にするためには善玉菌のエサとなるものを善玉菌と一緒に取ると良いと考えられています。この概念には三つあり、善玉菌を含むものをプロバイオティクス(A)、善玉菌のエサとなるものをプレバイオティクス(B)、両方を含むものをシンバイオティクス(C)と呼びます。A.の代表としてヨーグルト、納豆、キムチ、味噌などの発酵食品があります。世に出ている整腸剤もこれに含まれます。近年の研究から、死んでしまっている腸内細菌を摂取しても効果があることがわかってきているので、積極的に取るようにすると良いです。B.に関しては、水溶性の食物繊維を多く含んだごぼうやにんじんなどの野菜類、豆類、いも類、海藻、きのこ類はもちろん、オリゴ糖を多く含む大豆、ごぼう、ねぎ、にんにくが良いです。ここで見てわかるように、納豆はA.とB.との両方を融合したC.の働きをするので腸活には特にすぐれた食品と考えられます。特にオリゴ糖は母乳中のビフィズス菌増殖因子として発見されたもので、特にビフィズス菌のエサとして重要なものです。糖がまさに善玉菌の代表であるビフィズス菌活性化には必要なのです。
 

日本人の腸内細菌は“糖”がお好き??

早稲田大学の研究チームがアメリカ、中国などの12か国の人々の腸内細菌データを比較した研究結果によると、日本人の腸には炭水化物を分解する細菌が他の国民よりも多いことがわかりました。また、オリゴ糖を特にエサにするビフィズス菌も日本人は多いとのことです(参照:https://www.waseda.jp/top/news/39021)。また、これまで食生活が細菌叢を決めると考えられていましたが、この研究によるとそれ以外の未知の因子も関係している可能性が高いとのことです。いずれにしろ、腸内細菌は様々な環境によって変わりうるということが理解できる研究成果だと言えます。毎日主食として米を食べる日本人は糖質を代謝するのに適した腸内細菌叢をしていると考えられます。いきすぎた糖質制限は腸内細菌にも何らかの影響を与えかねないとも考えられます。もちろん糖の取り過ぎは体にとっては良くないですが、かといって過度に制限すると腸内細菌のエサも減ってしまうかもしれません。是非腸内細菌の観点からもバランスの良い食生活をこころがけ、正しく健康を維持できるようになってください。

 

【ライター紹介】


宮川 隆 (みやがわ りゅう)
名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学医学部附属病院 放射線科 核医学部門  助教&「放射性医薬品の管理責任者」、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。