働き方改革

働き方改革の推進

働き方改革で社員の働きやすい環境を整えています。

女性活躍推進

女性社員やその上司への研修を行い、女性が活きいきと働ける環境を醸成しています。

多様な人との共存

外国籍の人、障がいのある人等、多様な人と共に働ける環境整備と意識改革を行っています。
LGBTへの基本方針制定、相談窓口の設置、研修・e-ラーニングによる教育推進、アライシールを作成し配布をしています。

有給休暇の取得促進

計画的な5日間の連続有給休暇や誕生月付近に取れる「リフレッシュ休暇」等、有給休暇が取得しやすい環境を整えています。

勤続年数に応じた休暇制度

永年勤続表彰と合わせて、勤続年数に応じた「メモリアル休暇」が付与されます。

ライフワークバランス

結婚・出産・育児・介護・病気・ケガ等に応じた様々なサポート制度があります。

結婚

・結婚休暇

・結婚祝い金

妊娠、出産、育児に関する諸制度

・妊婦の定期健診休暇

・産前産後休暇

・出産時の休暇

・出産祝い金

・面談(妊娠中、育児休業前・休業中、産後復職前)

・子ども手当

・育児時間短縮勤務

・子の看護休暇

・所定外労働・休日出勤の免除・制限、深夜残業の制限

介護に関する諸制度

・介護休暇

・介護休業

・介護時間短縮勤務

・所定外労働・休日出勤の免除・制限、深夜残業の制限

病気・ケガに関する諸制度

・積立有給休暇

・休職

・傷病休職者見舞金

・災害見舞金

転勤に関する諸制度

・赴任時休暇

・支度料支給

・家族旅費支給

・転入園料補助

・単身赴任手当・帰省旅費

・社宅・寮

定年に関する諸制度

・退職金

・再雇用制度

・再就職支援

その他

・確定拠出年金制度

・ボランティア休暇

・生理休暇

・裁判員休暇

・EAP(従業員支援プログラム)

・ストレスチェック

・社員意識調査

ライフステージ別サポート一覧

ライフステージ別にどの様な制度を使えるか判りやすく1シートにして社員へ配布しています。

フレックスタイム制度

ライフワークバランスを考え、自分で働く時間を選べる制度です。
※事業所により異なります。

水曜リフレッシュデー

仕事を早く切り上げて、趣味や家族・友達と過ごしライフを充実させる日として推進しています。
※事業所により異なります。

ワンフロア オフィス

ワンフロアで仕事をすることにより、社員が役職・部門を超えて連携の取れるオフィス環境です。
※事業所により異なります。

フリーアドレス(席フリー)

固定席ではなく出社時にランダムに配席し、部署や役職を越えて様々な人とコミュニケーションが取れる環境を作っています。
※事業所により異なります。

セルフ・ビズ(服装の自由化)

自由な環境で新たな発想ややる気を引き出せるように、服装を自由化にしています。
※事業所により異なります。

男性の育児休業

育児休業を取得した社員の声

豊洲研究所
若杉 貴

現在豊洲研究所にて新製品の開発業務をおこなっており、2カ月と4カ月の計6カ月育児休業を取得しました。
私たち夫婦の間ではお互いが育児休業を取り、子育てと仕事を両立し、職場復帰はできるだけ早くしようと、子どもが生まれる前から決めていました。豊洲研究所では、ライフステージに応じて多様な働き方が出来る体制を目指し、組織変更がされていましたし、上司・同僚を信頼しているので育児休業取得に関して特に不安はありませんでした。
実際に育児休業を取得してみて、男性の育児休業は非常に重要だと再認識しました。親としての自覚は子どもを育てる中で出てくるものだと強く感じましたし、育児には終わりがないので、もし自分一人で育てていたら恐らく無理だったなと実感しました。多くの共働き家庭では、いまだに妻だけが育児休業を取得して育児をするのが普通なのかもしれませんが、それはとてつもない負担を妻に背負わせることでギリギリ成り立っていることなのだと気づきました。
今、社内では、男性の育児休業や時短勤務が当たり前となるような風土にしようという流れがあり、私もスムーズに休業取得することができました。しかし、想像以上に時短勤務者と、上司や同僚が業務を進める上で不具合や不安を把握することは難しく、これまで以上にコミュニケーションの重要性を感じました。自分でも積極的に動き、仕事の頼み方や会議での伝え方など、あらゆる面でお互いの理解が進むように心がけました。女性に比べると、男性は育児休業・時短勤務の経験者が少なく、その大変さや時間管理のコツなどを共有することもありません。今後は、現在時短勤務をされている社員や、これから育休・時短を希望される社員のためにも、より良い職場環境づくりに、この経験を活かしていきたいと思います。

ページトップに戻る