ひと粒のメッセージ KANRO

沿革

1912年(大正元年)

[11月10日]
創業者宮本政一、山口県熊毛郡島田村清山(現光市)にて「宮本製菓所」を開業

創業者宮本政一

主要製品

梅鉢/銀世界/焼物

1921年(大正10年)
主要製品

宮本の生玉

1922年(大正11年)

島田村の隣村浅江村 虹ヶ浜に新工場新設

島田村の隣村浅江村 虹ヶ浜に新工場新設

1928年(昭和3年)
主要製品

宮本のドロップス

1950年(昭和25年)

株式会社に改組し、資本金100万円にて「宮本製菓株式会社」を設立

1955年(昭和30年)

ラッピングマシン導入。包装自動化スタート

ラッピングマシン導入。包装自動化スタート

主要製品

カンロ飴(※隠し味は「しょうゆ」。セロハン紙で個別包装された初のキャンディ。)

カンロ飴

1959年(昭和34年)

長野県松本市に松本工場を新設

1960年(昭和35年)

カンロ飴のヒットにより、社名を「カンロ株式会社」に改称

1961年(昭和36年)

資本金1億に増資 大阪・名古屋・札幌に営業所を開設

主要製品

美容ガム「ピンクレディー」

1962年(昭和37年)

本社を東京豊島区に移管
仙台・高松に営業所開設
東京証券取引所市場第2部に株式を上場

主要製品

頭脳ガム

1963年(昭和38年)

本社社屋を東京都中野区新井町に新築移転
福岡営業所開設

主要製品

カンロ黒飴

1968年(昭和43年)
主要製品

ナッツボン

ナッツボン

1969年(昭和44年)

山口県光市に光工場新設
デポジッターライン新設

1970年(昭和45年)

万国博菓子展示会出展

主要製品

金字糖

1972年(昭和47年)

山口県光市に子会社・光製菓(株)(現ひかり製菓(株))設立

主要製品

焼菓子

1973年(昭和48年)

三菱商事(株)と販売総代理店契約を締結
スナック参入

主要製品

バナナチップス

1974年(昭和49年)
主要製品

カティサーク

カティサーク

1977年(昭和52年)

CI 導入。現在のロゴとマークにカンロ株式会社

カンロ株式会社

ページトップに戻る