ひと粒のメッセージ KANRO

社長挨拶

美味しさ、楽しさ、健康。カンロは、キャンディを通じて「美味しさ・楽しさ・健康」をお届けします。

代表取締役社長 三須 和泰

当社は大正元年(1912年)山口県光市において宮本製菓所として創業以来キャンディを通じて多くの方に「美味しさ・楽しさ・健康」をお届けしてまいりました。当社が事業を続けてまいったことはひとえにみなさまのご支援・ご愛顧の賜物と厚く感謝申し上げます。

みなさまのご支援をいただき創業100年余りとなりましたが、次の100年に向けて継続的な成長を実現してまいりたいと考えております。そのためにみなさまに愛される商品の開発、効率的な生産はもちろんのこと、若手人材の登用、ダイバーシティー等人事面での施策を積極的に推進してまいります。また、食品会社の最大の責務である安全・安心への取組みも一層強化してまいります。

今後も「美味しさ・楽しさ・健康」をみなさんにお届けする努力を重ねてまいる所存ですので、みなさま方の更なるご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 三須 和泰

ひと粒のメッセージ KANRO

カンロがつくる小さなお菓子は、
あなたと大切な人をむすぶ、
ちょっとしたきっかけでありたいと願います。

楽しいときもつらいときも、
気づけばいつも人と人の間にいて、
みんなを小さく応援する存在でいたいのです。

短くても、うれしい言葉のように。
一瞬でも、やさしい微笑みのように。

ひと粒のメッセージ
カンロ

カンロ発祥の地

海と山の織りなす自然の造形美が見事な瀬戸内海国立公園に、大正元年“宮本製菓所”として誕生しました。後の大正11年浅江村虹ヶ浜(現在の光駅近辺)に新工場を建設、それが本格的な飴菓子への進出の一歩となったのでした。

カンロ発祥の地

カンロの社名の由来

「カンロ」とは、「甘露」すなわち「天から降る甘い露」という意味の、いわばこの世に存在する美味の代名詞が語源になっています。
カンロ飴は発売と同時にヒット商品となり、昭和35年、宮本製菓から社名を変更し「カンロ株式会社」が誕生しました。

カンロの社名の由来

カンロマークの由来

カンロの企業理念を、皆様に分かりやすく伝えたい。そんな思いを託したマークは昭和52年に誕生しました。若々しく健康な青葉と、愛と平和そしてキャンディを象徴する円…カンロの頭文字「K」がモチーフとなっております。

カンロマークの由来
ページトップに戻る