ひと粒のメッセージ KANRO

組織統治

当社は社会の一員として、法令順守、社会貢献、公明正大な企業行動を実践するための規範となる「企業行動憲章」を制定し、企業倫理の指針としています。

また「経営の透明性および健全性の確保」、「経営の効率性の向上」を目指し、持続的な企業価値向上を実現するためには取締役会および監査役会の機能強化、経営状況の情報開示(ディスクロージャー)、株主への説明義務が重要であると考え、コーポレートガバナンスの充実に取り組んでおります。

コーポレート・ガバナンス

コンプライアンス

法令・社内規定にとどまらず、一般的な社会規範等を遵守して行動することを定義しています。

1. 研修
全社員対象や階層別など、様々な研修を実施してコンプライアンスの教育を徹底しています。
2. 社内体制
コンプライアンス担当役員を置き、その者を委員長とするコンプライアンス委員会を設置しています。原則、毎年2回定時の委員会を開催し、規定の策定、変更に関する事項、教育に関する事項を審議しています。
3. 内部通報窓口の設置
法令違反に関する通報ができる窓口を社内外に設置しました。通報時には、コンプライアンス委員会を招集し、検討・審議します。
4. 内部通報概要図
内部通報概要図

BCP(事業継続計画)

すべての役員、従業員とその家族の安全確保を第一とし、その上で業務の早期復旧および継続を実現すべく、事業継続計画を策定しております。
お菓子の製造メーカーである当社の使命は安全で安心な製品の安定供給です。大規模災害が発生した場合には、調達先の被災状況を確認し、仮に特定の材料の供給が途絶した場合でも安定供給を図るため、代替の原料を使用するなど生産の継続または早期再開を図ります。

BCPとは
BCPとは、災害や事故などの予期せぬ出来事が発生した場合に、企業の重要業務を中断させない、あるいは中断しても可能な限り短時間での復旧・再開を目指して、組織体制、事前準備、災害発生時の対応方法などを規定した実行計画です。
※BCP:Business Continuity Plan
ページトップに戻る